強いチームづくりの秘訣

強いチームづくりの秘訣

土日になると近所の野球場で少年野球の試合をしています。知っているチーム、知らないチームが試合をしています。小学生の少年野球の場合、少しみれば、どのくらいの実力のチームかわかります。

 

時折、見かけないユニフォームのチームが試合をしています。どこのチームかと良く見てみると、遠方から試合に来ているのです。遠方から試合にくるということ場合、強いチームの場合が多いです。そうです。地区大会を勝ち抜いたチーム同士の上部大会だったりします。「なるほど〜」と思う感心したプレーをしています。

 

 

強いチームの条件は、守備がしっかりしていることです。少年野球で勝つ為には、ディフェンスが大切です。ピッチャーのコントロールがいいこと。そして、内外野の守備がしっかりしているチームは強いです。逆をいうと、守備がザルのチームは連勝して勝ち上がっていくことはできないはずです。

 

 

強いチームづくりをしたければ、守備を徹底的に練習しましょう。それには、まずゴロとフライを捕る練習を基本からしっかりとやることです。例えば、ゴロの捕球の姿勢もみても、腰高の選手が多いです。ゴロの捕球エラーをしてしまう原因はやはり腰高です。

 

 

最近の子供たちは内股ぎみの選手が多いようにおもいます。それではなかなか腰が下がりません。膝とつま先を外側へ向けて、がに股の姿勢でグラブを下ろす練習を繰り返しすることですよ〜。

 

 

少年野球で守備を鍛えることが、強いチームづくりの秘訣です。地区大会を勝ち抜いて上部大会へ出場するぞ!