チームの選び方

チームの選び方

日本の少年野球には、リトルリーグ、ボーイズリーグ、ポニーリーグ、サンリーグ、ヤングリーグ、軟式少年野球チームなど色々な野球チームがあります。もっとも大きな違いは、硬式か軟式かというところでしょうか?

 

 

チーム選びの際には、ここがまず大きな選択となります。甲子園出場や将来プロ野球選手を目指すのであれば、早いうちから硬式ボールに慣れておいた方が良いという考えもあります。また、逆に、子供の頃には、ボールが軽い軟式をやった方が、怪我が少なくて済むという考えもあります。

 

 

さらにもう1つ、チーム選びで悩むところは、強いチームか弱いチームかというところです。強いチームに入れば、高校やプロへの道筋がつきやすいと考えるかもしれません。

 

 

しかし、硬式か軟式か?強いか弱いか?で悩むのはナンセンスです。とくに親御さんにしっかりと見てほしいのは、そのチームでどんな指導が行われているかというところです。つまり、どんな指導者がいるかというところです。

 

 

目先の勝利や次の大会のことばかり考えて指導をしているチームへ子供を入れることはおススメできません。子供の成長を主に考え、子供達の野球への情熱を大切にして、いかに大きく伸ばすかを最優先して考えている指導者がいるチームを選ぶことです。

 

 

そして、一番大切なのは、子供が「このチームで野球をやりたい!」といったチームに入れることです。入ってから、「やはり違った〜」ということのないように、親としてチームを見て、子供とよく話し合い、そして、子供の意思を尊重することが、少年野球のチーム選びには大切だと思います。