少年野球チームとの関わり方

少年野球チームとの関わり方

■球拾いやグランド整備から関わってみる

 

子供と一緒に野球の練習をするようになると気になるのがチームでの練習です。「一緒に練習でやったことができているのか?「チームではどんな感じなのだろう?」とやたら気になるのが親心です。そんなとき、チームとの関わり方はどうしたらよいのか?

 

 

考え方は2つあると思います。積極的にチームに関わる。もう1つは、子供の自主性に任せ親は陰で見守る。もちろん、所属しているチームの体質にもよって、関われる、関われないもあるでしょう。その辺はよく検討をして決めると良いと思います。

 

 

私の場合は、地元の小学校の軟式野球のクラブチームに子供が所属していました。監督、そして、専任のコーチが高学年、低学年といました。でも、これでは手が足りずに、お父さんのお手伝い大募集でしたね。

 

 

お父さんのお手伝いの主な仕事は、球拾いとグランド整備、それと子供のキャッチボールの相手です。試合があり、自転車移動が難しければ、車での送り迎えという仕事がありました。

 

 

もし、チームに関わり、子供の練習を見てみたいのであれば、ボール拾いとか、グランド整備のような仕事を手伝いながら参加してみると良いとおもいます。チームも手が足りてないところが多いと思います。喜ばれるのではないですか?

 

 

お父さんに中には、「手伝ってください!」とお願いすると、コーチングをイメージしてしまう方もいます。ノックや技術的な指導です。でも、そうなると話が大きくなってしまいます。まずは、できる簡単なお手伝いをしてみると良いとおもいます。

 

 

小学生くらいは、親子二人三脚の方が子供にはプラスだと思います。塾や習い事のように任せっきりの家庭もあります。でも、少し関われば、子供の成長もかわってくると思います。