球速を上げる

球速を上げる より大きなパワーを身体の中から引き出す【2】

前記事に引き続き、ピッチャーがより大きなパワーを身体の中から引き出す動作のポイントを紹介します。

 

 

今回は、「腰を前に出すイメージで左足のステップさせて重心を移す」こと。

 

 

ボールを投げる上半身の土台づくりの動作が左足のステップです。(右投手の場合)このステップが小さ過ぎると、上半身が前のめりになり、ボールにパワーが十分に伝わりません。ボールにパワーが完全に伝わらないまま、リリースの瞬間を迎えることになります。

 

 

これでは、スピードボールを投げることができません。球速のあるボールを投げるためには、足を大きく踏み出して、重心をスムーズに移動させことが大切です。また、ステップのと際に、左肩が外(一塁方向)へ開いてしまうと、せっかく溜めたパワーが逃げて球速が上がりません。左の腰を前へ押し出すようにして、肩の開きを防ぐようにします。

 

 

少年野球で、股関節の硬い子供は、足のステップの幅がどうしても狭くなります。これだと、肩が早く開いたり、上体が前に突っ込んだりし、力のあるボールを投げることができません。股関節を柔らかくするストレッチなどを練習メニューへ組み込みましょう。

 

 

ここでパワーを溜める注意点を1つお伝えします。タメをつくろうとした際に、軸足を曲げると思います。軸足の膝が内側に入っていると重心移動が早くなりすぎます。股関節を開きながらステップするように意識をさせましょう。前への重心移動とステップも、シャドウピッチングで正しい動作を繰り返し練習します。速いボールを正しい投げ方で投げるためのポイントです。