少年野球

少年野球で選手を確実に育てるコツ

■子供へ下手であたり前

 

子供が野球をやっていくうえで、大きな喜びを感じるのは、試合に勝つことだけではありません。もちろん、試合に勝つという喜びもあるでしょうが、それよりももっと嬉しいのが、できないことができるようになる達成感です。

 

 

野球を教える側も、少年野球の大会で勝つことが嬉しいということもあると思いますが、教えたことができるようになったということに満足感を感じるのではないでしょうか?

 

 

だから教える側は、焦っても良いことはありません。「こんなに一生懸命に教えても、上手くならないのだろう?なぜ、うちの子は野球が下手なのだろう?」と考えることもありません。

 

 

それが子供なのです。子供は下手であたり前なんだと思って、指導するくらいで丁度良いのかもしれません。

 

 

確かに動きが素早そうに見える子供もいます。しかし、よく見れば、ただちょこちょこしているだけだったりもします。いやけに積極性のある子供も、変に大人慣れしているだけかもしれません。たとえ飲み込み早い子供がいても、ほんの僅かでしょう。

 

 

その子供の野球センスがどうのとか?少年野球の時期だけでは、なかなか分からないことなのではないでしょうか?不器用な子供だって沢山いますし、すぐに出来るようになれば良いということでもありません。

 

 

野球の練習をする中で大切なこと。それは、前をみて一歩前進することです。

 

 

1日の練習の中で、ほんの少しでも達成感があれば良いではないでしょうか!

 

 

子供は、その達成感を感じて、「もっと上手くなりたい!できないことができるようになりたい!」とさらに頑張るようになります。

 

 

教える指導側は、そのために、できるようになるまで何回でも反復練習を重ねさせる必要があります。そこが少年野球では大切なところです。少年野球で選手を確実に育てるコツです。