少年野球

野球が上手な選手と下手な選手

少年野球をみていると、野球が上手な選手と下手な選手がいます。勝つためのプレーができる選手と出来ない選手ともいえるかもしれません。上手な選手が多ければそのチームは強い、少なければチームは弱い。では、野球が上手な選手と下手な選手はどこが違うのでしょうか?

 

 

「もって生まれた体格、センス、運動神経ですしょうか?」

 

 

確かにそれも1つの要因ではあります。でも、少年野球は、プロ野球のように高度な技術が求められるわけではありません。高いレベルの精神力が求められるわけでもありません。

 

 

野球の基本がキチンとでき、前向きに野球に取り組む姿勢があれば十分です。正しい練習をすれば、野球が上手くなれます。その野球の基本を疎かにするから、エラーばかりしたり、レギュラーになれなかったり、試合で勝てなかったりします。

 

 

野球の基本練習を積み重ねましょう。それが上手な選手になる唯一の方法です。普段のキャッチボールにはじまる野球の基本を意識して練習しましょう。監督、コーチに指摘されたところは意識して修正が必要です。間違ったフットワークやフォームのまま、ボールを追い、捕球し、送球するのではなく、正しいステップやフォームを意識しながら練習をしましょう。

 

 

指導者の話をよく聞いて、正しい体の使い方をマスターするようにしましょう。すると野球の基本が身に付きます。基本が身に付くとさらに少年野球が楽しくなります。楽しく練習をすれば、必然と野球も上手になります。

 

 

好きこそ物の上手なれ。そうなれば子供達は、さらに熱心に野球に取り組みます。野球の上達方法の方程式です。楽しくプレーして、レギュラーをゲット、試合でも勝利するでしょう!お父さん、お母さんの環境づくりが腕のみせどころ!