野球を知っている選手に育てる

野球を知っている選手に育てる

少年野球のやっていた息子が中学生になりました。中学になると親の手をだんだんと離れていきます。親としては少し寂しい気持ちもありますが、一方で、息子の一人立ちを嬉しく思っています。

 

今日は、走塁の話。小学校の少年野球と中学のリトルシニアでの野球の違いで感じること。大きく違いますが、その1つが走塁です。野球のレベルが上がれば、上がりほど、走塁の持つ意味合いが高くなってくると思います。

 

1つの走塁が勝負の大きな分かれ目になったりするのが、野球です。息子はアベレージヒッターなので、最近は走塁とか盗塁に力を入れて練習をしています。

 

走塁の技術というのは足の速い選手だけが磨くものではなく、ランナーとなりうる選手、すなわち、全選手が取り組みべき課題です。でも、ここに練習時間を多くさく選手はそんなに多くはないのでは?

 

だから、逆に強みにもしやすいと思います。それに走塁を知ることで、野球への理解が深まります。俗にいう、「野球を知っている選手」に育つわけです。野球をよく知っているということは、監督やコーチ、チームのメンバーからも信頼も高くなるということ。

 

小学校の時から大きくレベルアップするためには、走塁と盗塁のテクニックを磨くことが必要条件です。息子と私は、現役時代にスーパーカートリオをしてならした屋敷要さんのDVDを何回も観て、走塁を勉強しました。

 

DVDで知った知識を実践の中にできるように日々精進しています。1つ1つレベルを上げていくことが、競争が激しくなったリトルシニアリークのチームの中で、自分を鍛えることに繋がっていくのかと思う今日この頃です。