プレッシャー 克服

プレッシャーの克服方法

プロ野球の試合後のヒーローインタビューなどで、「プレッッシャーを楽しみました!」と嬉しそうに話す選手がいます。彼らはなにも見栄をはっているわけではなく、プレッシャーのかかった状況を克服したことに、素直に満足感を感じているのです。

 

 

プレッシャーに対しては、取り除こうというテクニックが色々と試されてきました。しかし、プレッシャーと集中力、あるいは、ビックパフォーマンスとは背中合わせになっているものなのです。そのため、プレッシャーを取り除いてしまうと、集中力もなくなってしまうのです。

 

 

プレッシャーとは上手に付き合うことです。少年野球など子供の頃からスポーツに取り組んでいると、プレッシャーとの付き合い方も上手になってきます。この辺りのコツがわかってくると、野球だけでなく、勉強にも、将来の仕事にも生かせます。

 

 

プレッシャーのかかる場面を迎えたら、プレッシャーを取り除こうとしないことです。この辺りを話してはげれば、子供は以外に理解もしたりもします。

 

 

少年野球といえども、プレッシャーのかかる場面がやってきます。競った試合で1発逆転、後がない大事な場面などです。監督、コーチ、周りのチームメイト、父兄の方々、相手チームの関係者など沢山の人の視線が集まる中で、自分の力を全部出し切ることです。それを覚えたら一生の財産ですよ。