少年野球

スポーツ上達の法則

さっそく子供と少年野球に取り組みましょう!めきめきとスポーツが上達する指導の方法を紹介します。

 

 

野球経験者の親御さんならともかく、本格的に野球をやったことのないお父さんやお母さんの中には、「野球なんて指導できない!」と思われる方のいるでしょう。でも、心配は要りません。このサイトでコツを教えます。記事を少しずつでも読んで頂ければ分かってきます。

 

 

小学生の少年野球では高度なテクニックは使いません。基本の基本がきちんとできればスーパープレーヤーです。一番大切なことを話します。少年野球に限らず、全てのスポーツが同じだと思うのですが、『基本が大切』です。

 

 

少年野球の上達のコツは『基本練習を繰り返し繰り返しやること』です。これに尽きます。私は野球やテニスなど色々なスポーツを学生時代からやってきました。スポーツが上手くなりたくて、プロが参加する高額なスポーツセミナーにも参加したことがあります。色々な経験上言えるのは、スポーツの上達の鍵は基本を確実にマスターすることです。

 

 

私は、その上達の法則を知っていたので、子供が少年野球をはじめ一緒に練習をするようになった時に、みっちり基本練習をしました。きちんとしたボールの投げ方、捕り方、バットの振り方などです。

 

 

子供はすぐにピッチングをしたがったり、実打球を打つバッティングをしたがりますが、入門時に私はあえてさせませんでした。私と子供で練習するときは、基本練習ばかりです。クラブやバットを使わない練習が半分以上ありました。きちんとした腕の使い方、肘の使い方、ゴロやフライを追うフットワークなど繰り返し練習させました。

 

 

ボールの投げ方はタオルを使ったシャドウ練習を繰り返し、ゴロを捕る練習も、止まったボールを捕ることからはじめ、正しいフットワークと捕球姿勢を理解させてから、手で転がすゴロを捕球することから練習します。それから実際のバットでノックと、徐々に練習のレベルを上げていく指導方法をとっていました。

 

 

子供へ少年野球を教えていて、改めて思うのですが、基本は本当に大切です。基本を身に付けるとぐんぐん子供は成長していきます。そして、基本練習の相手は、野球経験のないお父さん、お母さんでも十分にできます。手でボールを出してあげる。素振りの注意点を鏡に変わりになって見てあげる。それだけでもかなり野球が上達します。

 

 

うちの子供は地元の少年野球の同学年の中では、後の方に入部しました。でも、どんどんライバルを交わし、チームのエースになり、地元でもマークされる選手になりました。野球経験のないお父さんが「一緒に練習させてほしい!」と言ってくることがあります。

 

 

そんなときは一緒に練習をし、その際にスポーツ上達の法則を教えてあげます。それを理解し続けたお父さんの子供は皆上達します。子供が少年野球の主力選手に育っていきます。スポーツの指導のポイントは基本のマスターさせ、土台をつくるサポートをすることです。

 

 

子供へは、基本練習を毎日やるように指導してください。塵も積もれば山なる。それが出来たとき子供は少年野球チームのレギュラーを獲得し中心選手になっているはずです。まずは3ヶ月間を目標に毎日野球の練習をしましょう。時間の無いときは少しの時間でも良いのです。お父さんかお母さんが子供に付き合ってあげてください。

 

 

そこから夢は始まります♪